1

筆者は30代前半、女性です。

参加者はアラサー世代の30人

男性・女性がそれぞれ15人ずつ、

合計30人が参加する大規模なパーティーでした。

男性は28歳から38歳まで、女性は24歳から32歳までという年齢制限がありました。

それ以外には参加条件は特にはありませんでした。

京都駅から徒歩圏内にあるセレマビルというビル内の一室でした

会場は長方形の15畳くらいの部屋で、オシャレな感じはあまりなく、

会議室のような感じがしました。

そこに長机が並べられて、机を挟んで男女が対面で座るようになっていました。

フリータイムには自由に飲んで良いお茶も出ました

まず最初に2分くらい自己紹介タイムがあり、ひとりずつの男性と順番に話をしました。

席は女性は固定、男性だけが移動しました。

15人全員と話し終えたところで、10分休憩。

その後、15分ずつのフリータイムが3回あり、

もっと話したいと思った人とゆっくり話す事ができました。

フリータイムには自由に飲んで良いお茶も出ました。

また、カップリング成立しなくても、自由に連絡先交換ができました。

最初の自己紹介タイムは非常に忙しかったです。

2分くらいですぐ次の人に変わるので、挨拶をして、プロフィール用紙を見て、

趣味や仕事など気になった点があれば、それに触れるという感じでしたが、

内容のある話はほぼできませんでした。

メモなどもほとんど取れないし、2分では、その人が自分にとって

話しやすいかどうかなど、雰囲気くらいしか分かりません。

休憩時間を挟んで、フリータイムのほうは、逆に1回が15分もあり、

少し長すぎる気がしました。

自己紹介タイムで一度話したとはいえ、ほとんど相手のことは何も頭に入っていないので、

再度プロフィール用紙を見せてもらって、また趣味の話などから入るのですが、

あまり盛り上がりませんでした。

男性があまり私に質問してこないので、こちらから質問をすることが多かったですが、

質問のネタも尽きてしまったり…。

初対面で会話するには、2分は短すぎるし、15分は長すぎるなと感じました。

3回あったフリータイムについて。

最初のフリータイムは、私を気に入ってくれた男性のほうから話しかけて来られたのですが、

その人はとても緊張されていて、話も盛り上がりに欠けました。

二度目のフリータイムも、同じように私と話したいという人が近寄ってきたのですが、

その人もオドオドしていて、15分もその人と話し続けるのは苦痛だと思いました。

そこで、フリードリンクを取りにいくと言って場所を移動し、

私自身が話したいと思っていた男性にも声をかけ、3人で話をしました。

3回目のフリータイムも、別の気になっていた男性と話をしましたが、

その男性は私に興味がなかったと見えて、やはりあまり会話が弾みませんでした。

しかし、2度目のフリータイムで話した男性(私が気に入っていたほうの人)と

その後連絡を取り合うようになり、今はその人は私の主人になっていますので、

本当にこのパーティーに参加してよかったです。

スポンサー リンク



スポンサー リンク

京都駅、エクシオお一人様限定のお見合いパーティーに参加

筆者は上記のイベント参加レポートと同じ30歳の女性です。

男性のみ大卒、公務員、年収350万円以上のいずれかという条件付き

友達と一緒に参加するのではなく、一人で参加したい人用のパーティー。

他人の目を気にすることなく参加できます。

男性のみ大卒、公務員、年収350万円以上のいずれかという条件付き、

女性は社会人独身であれば誰でも参加可能。

男性参加費5500円、女性は1500円。

最寄り駅はJR京都駅から徒歩5分くらいのところにあるビルの2階でした

エクシオは大都市には1つか2つ会場を持っていますが、

京都駅近の会場は外から見ると普通の雑居ビルのようにも見えました。

2階に上がると、清潔で落ち着いた雰囲気ではありました。

パーティー開始の合図があってから、男性とそのブースの中で座る

まず自分の番号の個室に入り、プロフィールカードを書いて開始を待ちました。

同じ番号の男性も同じブースに入ってきましたが、まだ会話をするのは憚られ、お互い沈黙状態。

パーティー開始の合図があってから、男性とそのブースの中で座って、5分ほどお話をしました。

5分で男性は別のブースへ移動し、次の人が入ってきました。

席は隣同士で座るといった感じでした。

珍しい苗字だとそこから会話が広がることも

飲み物などは特に出ないので、自分で持参しました。

とりあえず、初めましてと挨拶を交わしてから、お互いのプロフィールカードを見て、

気になるところについて質問したり、雑談するような感じでした。

私は海外旅行が好きなので、相手が一緒に行ってくれそうな人かどうかを

確かめたかったので、その辺りについて聞いたように思います。

男性は自分の仕事の話をしたいかなと思い、

相手がどのような仕事をしているかも積極的に質問しました。

また、私は苗字が変わっているので、珍しい苗字ですね、

というところから話が始まることも多かったです。

「僕あなたの名前書いたんですけど」と話しかけられ

お見合いパーティーの経験が初めてだったので、とにかく誰に対しても笑顔で、

楽しそうに見えるように振る舞ったのでとても疲れました。

結局誰ともカップリング成立せずに帰ったのですが、

会場を出たところでいきなり参加していた男性に、

「僕あなたの名前書いたんですけど」

と急に話しかけられました。

私は全くその人のことは覚えていなくて、多分ぎょっとした顔をしてしまったと思います。

男性は、早口で、

「興味ないですよね、そうですよね、僕なんて興味なかったですよね」

と言い捨ててすぐに去って行ったのですが、少し怖かったです。

興味のないお相手にも愛想良く振る舞ってしまったのは、失敗したなと思いました。

でもいろんな人と話してみて楽しかったので、良い経験になりました。

大阪の街コン婚活パーティー情報
東京の街コン婚活パーティー情報

スポンサー リンク



スポンサー リンク


スポンサー リンク

関連記事